不動産売却税金
不動産売却の税金で損しない方法は税務知識のマスター以外ありません

不動産を売却して利益が出れば、確定申告をしなければなりません。

確定申告で税金を支払う必要があるか、支払う場合にどの程度の税額になるのか、売却時に知っておくことが必要です。

不動産売却での利益は、所得税の中の譲渡所得として計算されます。

譲渡所得はマンションの売却価格から取得費と譲渡費用を差し引いたものです。

このうち、売却価格は契約書などがあるので分かりやすいですね。

取得費は不動産を買った時の購入代金や購入手数料などの合計額です。

不動産取得時の代金には土地部分、建物部分の金額が含まれていますが、建物部分については減価償却相当額を差し引いた額で計算します。

問題は、不動産を相続によって取得したり、購入から長い年月が経っているためにいるために、取得費が分からない場合です。

この場合、取得費は売却代金の5%として計算します

購入時の書類はきちんと保存しておくことが大切ですね。

また譲渡費用は売却時に支払った仲介手数料、印紙税、広告料など、売却のために直接かかった費用がこれに当たります。

なお、マイホーム(居住用財産)を売却した時には、最高3000万円まで譲渡所得から控除できるという特例があります。

譲渡職の税額の計算に当たっては、所有期間によって税率が異なります。

所有期間が5年を超える場合は、課税対象の譲渡所得金額の15%(住民税5%)が税額になります。

所有期間が5年以下の場合には、譲渡所得金額の30%(住民税9%)、さらに復興特別所得税として所得税額の2.1%の税額になります。

所有期間は譲渡した年の1月1日時点で判定されますので、注意が必要です。

また、不動産の譲渡によって損失が発生した場合は、もちろん税金を支払う必要はありませんが、
その場合にも、他の所得と損益通算所得と損益通算したり、
通算してもなお損失が残る場合の繰越控除の制度もあるので、
適用できるかどうか税法(国税庁)を認認しておくことが必要です。

不動産売却税金について

・不動産売却税金控除って?
不動産売却税金シミュレーション
不動産売却したいという場合、様々な費用が必要です。売却の第一歩は不動産会社に依頼を行って、自身が所有する不動産の査定金額を出してもらうことだといわれています。不動産が売却された時にどれくらいの金額になるのかは実際に家が売れるまでわかりませんが、不動産会社に査定を依頼すると大体のところを知ることができます。それを知るという点でも査定金額をもとにして考え始められますので、不動産を売却したいという場合には、不動産会社に査定をしてもらうのもおすすめです。
不動産売却を行うと売却利益に対して税金などのことも考えていく必要があります。利益が出る場合だけでなく、かかった費用の方が得られた売却代金よりも多かったという場合、不動産売却税金損益通算ができ、損失についてもどんな方法があるのかということなどの不動産売却税金確定申告について知っておきましょう。
そのような点で、不動シャン売却税金シミュレーションをしてみると利益が得られた場合に税金がどれくらいかかるのかということや損失があった場合には税金はどうなるのかという点などについて考えやすくなります。

売却にかかる税金を安くできる?不動産売却税金特例
取得費加算の特例というのをご存知でしょうか。取得費加算の特例は、不動産売却税金相続で、相続税が発生して、3年以内に売却したら税負担が軽くなるという特例法なのです。
所有期間が長い場合のほうが税率が低くなるといわれている譲渡所得課税ですが、相続税の申告期限から3年以内に売却すると税負担が軽くなるのです。
例えば、不動産相続したけれどもその建物や土地に自分で住んだりしないし、家を建てる予定もない、賃貸などにする予定もないという場合などは、固定資産税や維持費などを考えると売却してしまうのも一つの方法といわれています。
この場合、売却価格から、取得費や譲渡費用に加え、土地や建物を売約した時の相続税額の加算ができ、課税対象になる譲渡所得は少なくなるというメリットがあるのです。

・不動産売却税金特別控除
3000万円特別控除をご存知でしょうか。住んでいる家を売却した際に利益(譲渡所得)がでた場合でも、3000万円までなら控除ができるという制度が3000万円特別控除です。
この特例は不動産売却税金居住用居という、居住している家や土地を対象として売却時に不動産売却に関する税金を考えていくというものなのですが、2019年12月31日までなら、相続した実家に住んでいない場合でも控除をすることが認められているのです。一定の条件がありますが、譲渡所得3000万円以内ならば譲渡所得課税がかからないのです。ただし、3000万円特別控除は、取得費加算の特例と同時に使うことができませんので注意しておきましょう。

・不動産売却税金計算方法について
不動産売却税金はできるだけ安くなるといいですよね。基本的には、譲渡所得課は、家や土地の売却価格から、購入時の価格や仲介手数料などの取得費ともいう不動産売却税金取得費などの不動産売却税金経費を差し引いた利益に課税されます。
不動産売却税金個人用では、売却価格と、取得費と譲渡費用を合計したものの差が大きければ大きいほど税額も大きくなるといわれています。ことになる。例えば、家が古くて、購入時の金額は現在の相場よりずっと低いという状況なのに立地がいいので高く売却できたりしたケースや不動産売却税金取得費不明という、購入時の価格が分からず取得費売却価格の5%などというケースは税金が多くなりがちといわれています。節税等移転でも特例などの適用については知っておきたいですよね。

・不動産を購入した時には税金もかかる
不動産売却した時だけでなく、不動産を取得した時にも税金はかかります。不動産取得税は、土地や住宅などの不動産売買や交換、贈与、建築などで取得した際にかかる都道府県税で、相続による取得は例外となっています。不動産売却税金買い替えのように、不動産を売却して不動産を買い替えたという場合にもかかるといえます。

標準税率4%が3%に引き下げられる特例措置が平成27年3月31日まで延長されています。
住宅の新築や新築住宅を購入した場合、床面積が50㎡以上240㎡以下なら建物の固定資産税評価額から特別控除額1200万円を引いたものに3%をかけて計算されるといわれます。中古住宅を購入するなら、建物の固定資産税評価額から特別控除額を引いて3%を乗じたものといわれています。不動産売却購入税金には不動産売却税金や不動産売却購入税金など、不動産を売却しても購入しても税金がかかるといえ、不動産売却税金種類などもいろいろあるといえます。

・住み替え(買い替え) について
住宅を買い替え(住み替え)た時の特例についてはどのようになっているのでしょうか。住宅を売却した利益が3000万円を超えた場合で、一定の要件に当てはまるという場合には買い換え特例を適用することができるのです。
買い換え特例は、10年以上所有していた住宅を売却して、一定の条件を満たしている物件に買い替えた場合に適用され、譲渡所得税が非課税となるのです。このような不動産売却住み替え税金は一定の条件があって、原則として、買い替える不動産の方が売却によって得た利益よりも高い場合に適用されるといわれています。
しかし、買い替え特例を使った所有物件をその後売却した際は、前の住宅分の税金をまとめて課税されるというようになっていて注意が必要だといわれています。そのため、この特例は住宅用に必要となる家を買い替えるということを前提としている特例といえます。

・まとめ
不動産売却税金計算は不動産を売却したら必要で、不動産売却によって利益が出た場合も、損失が出た場合も計算を行うことで次にどうするのかということを考えられます。
不動産売却したいという場合、いろんな費用が必要で、売却の第一歩は所有する不動産の査定金額を出してもらうことだといわれます。不動産が売却された時にどれくらいの金額になるのかということは、実際に家が売れるまでわかりませんが、不動産会社に査定を依頼すると大体のところを知ることができます。そして、不動産を売却したいという場合にはまずは不動産会社に査定をしてもらうのはおすすめです。