住宅ローン 比較!住宅ローン 選び方とコツやポイント

変動金利と固定金利

住宅ローンは変動金利と固定金利のどちらを選ぶか。
数千万という額になってしまう住宅ローンを借りるうえで、金利というのは非常に大きな問題です。
最終的に支払う金利だけでも数百万、人によっては1000万を超えますので、それをどれだけ節約できるか、ということは本当に真剣に考えなければなりません。
その時に、1番頭を悩ませるのが、「変動金利」にするか「固定金利」にするか、ということです。
それぞれのメリットとデメリットを挙げると、
変動金利は、現経済状況下においては一般的には固定金利よりも利率が低いです。
ただし、金利が上がり始めれば、それがすぐに逆転してしまう危険性があります
固定金利は、物価がどうなろうと、景況がどうなろうと金利支払額は一定ですので、家計を運営するには非常に安心ですが、
その反面、変動金利に比べれば金利が高いケースが多い。

この2つをくらべて、それではどちらを選ぶか、ということですが、
いくつかの例を見ていいると、
以下のような点で、その2つのどちらにするかを考えればよさそうです。

まず、借入金額が少ない人、
あるいは、借入期間が短い人は、
今の低金利の経済状況のうちにローンを完済できると思いますので、
低金利の変動金利を選んだ方が得になりそうです。
また、経済紙などをしっかり読んで、
経済の動向を見極められる能力がある人も、
金利の動きを見てすぐにローンの借り換えなどに動けますので、
変動金利を選んだ方がいいと思います。

逆に、借入額が多い人、
あるいは、借入期間が長い人は、
変動金利にすると将来金利が上がるリスクを背負うことになりますので
固定金利を選んだ方が無難です。

今は変動金利よりも高くても、
将来それが逆転した場合、結果的に利子の負担は少なくて済みます。
また経済の動きをいちいちみて判断するようなことがおっくうな人は
固定金利にしておいた方が無難です。

以上のような基準で、2つの金利のどちらにするかを考えればよいと思います。

住宅ローンは変動金利を選んだ方がいい

住宅ローンを借りる時は、
普通はまず金利を見ます。
金融機関も利用者が金利を見て判断をすることを知っていますから、
必ず金利を表示して宣伝をします。
それで金利が一番低い銀行から借りた方が得だとして、
低い銀行に借り入れを申し込むと、
融資の条件が厳しく返済期間も短いことが分かります。

金利が低い銀行は人気が有りますから
銀行内の貸出枠の限度の関係で、
融資希望者の属性の高い人にしか融資が出来ないようになっていて、
必然的に融資の条件が厳しくなってきます。

そして低金利ですから出来るだけ長く貸したくないということで、
他の銀行よりも返済期間が短くなります。

それで条件が厳しいと借りられない可能性が有ると考えるなら、
他の金利の高い銀行に住宅ローンを申し込むことになります。
この時金利は固定金利なら、金利はずっとそのままですけど、
変動金利の場合は将来金利が上がり、
返済負担が増える可能性が有ります。
だから金利上昇のリスクを考えたら、固定金利を選ぶべきですけど、
固定金利を選ぶと変動金利より金利が高くて、
返済期間も短くなります。だから毎月の返済が変動金利よりもきつくなります。
ゆえに住宅ローンを借りる場合は変動金利で借りた方が、
返済期間も長く毎月の返済負担も軽くなります。

変動金利で借りて金利が上昇する可能性ですが、
銀行も固定金利で貸した場合、
金利が上昇すると儲け損なうわけですから、
固定金利の金利を出来るだけ損しないように対策を採って、
金利をある程度高くしています。

それで固定金利で借りた方が安全ですが、
銀行側は対策済みですから借りる側のメリットは少なく、
逆に対策のせいで金利が上昇しなかった場合のデメリットが大きくなります。
だから金利上昇を考えて固定金利で借りてもメリットは少ないし、
逆に上昇しなかった場合のデメリットを考えれば、
住宅ローンは固定金利よりも変動金利で借りた方がいいということです。

住宅ローンの返済額の1万円以上が利息?

転勤族で子供が中学生になる前にと、
念願のマイホームを購入するに至りました。
確か、去年の今頃でしょうか。
あの頃はかなりマイホームハイになっていて
、せっかくだから、新築だからって感じで色々なオプションをつけたり、
家具やカーテンをそろえたりしていました。
それなりに楽しかったです。
何千万の家の契約をすると、不思議と10万円とかが安くみえるから不思議です。
日頃はスーパーで10円でも安いものを探しているのに。
ちょうど金利がかなり低くなっている時でした。
今はローンを組むのに最適なんて言われていました。
まあ未だに金利は下がり続けているみたいですがね。
契約をして、2500万円ほどのローンを組みました。
金利は1パーセントぐらいだったかな。
もちろん35年ローンで組みました。
しかし夫も40代、この先何があるか分からないのでなるべく繰り上げ返済を頑張るつもりでした。
しかし本当に何かあるか分からないです。

息子が中学受験をしたいと言いだしました。
親であればやはり応援してあげたいので、
進学塾へいれることにしました。

この教育費というのは本当にプライスレスなんです。
毎月の月謝は一定額ですが、それ以外に合宿だ、模試だといっては特別徴収があります。
痛いですね。
そんなカツカツの中、繰り上げ返済をしたところ、
返済計画票なるものが送られてきました。
それを見てみると、毎月1万円以上は利息として支払っているんです。
ビックリしました。
うちの場合だと、7万ちょっと支払っているのですが、
そのうちの1万円以上は利息なんです。
だから実際には毎月6万弱しか借金は返済できていなんです。
ウン千万を借りているのだから、
利息がそれぐらいでも当たり前と言われるかもしれませんが、
今まで借金をしたことのない私にとってはかなり痛いです。

中古マンション購入で住宅ローン


東急田園都市の沿線駅から近距離の所に中古マンションを購入しました。
我ら夫婦と子供を合わせて4人暮らしで、
その子供もソロソロ小学校へ入学するので、
アパート暮らしを止めて、何処か沿線の戸建てかマンションの定住先を決めたかったのです。
妻や両親との重分に相談し、
勿論、資金面での実家の親にも多少の援助も含めて、
不足は住宅ローンを組むことにしました。

場所は中央林間で、通勤圏の東京にも近く、
遊んだりショッピングにも憧れの横浜にも近いので、場所的にはいいポイントだと思いました。
環境的には日当たりなど立地は良く、
学校にも10分以内と近く、
そして、駅から歩いて30分以内、
バスで10数分程度の便利さも良く、
マズマズの物件であるマンションを見つけたと思っております。

中古物件ではあるが非常に新しく、
広さは4LDKと家族4人では充分であるが、問題は資金です。 
アパートで6万円少々の家賃を払っていたので、
これを超さない範囲でローンを組みました。
価格は2050万円で、自己資金が450万円(援助あり)
、金利が1・6%のボーナス払いは無しの均等払いで、
毎月の返済額が6万円少々と理想の金額が出ました。

暫くしてからのある日の事、
融資先の銀行から郵便通知で一通の手紙を受け取りました。 
内容を見ると住宅ローンが滞納になっているという連絡でありました。
何でも、住宅ローンは2ヶ月以上滞納を続けてしまうと、
銀行は保証会社から一括返済を受けるための手続や競売に掛けられるらしいですね。

慌てて、上さんに(妻)に聞いてみたところ、
ローン専用の通帳に金額を入れるのを忘れていたといいます。
慌てて、処置を取り事なきをえましたけれど、
実際に何らかの事情でローンを払えなくなった人もいるんでしょうね。

住宅ローンに50年ローンが登場しています。

住宅ローンは、普通の人であれば、人生の中でも一番高い買い物になると思います。
そんな買い物を、気軽に買うことは出来ませんが、少しでも負担を和らげる努力は必要だと思います。

目安になる金額としては、今現在貰っている給料の、
3分の1以上のローンを組むと、必ず生活にひずみが出てきてしまいます。

今の生活を維持して行くのであれば、自分の給料以上の家の購入は避けた方が良いでしょう。
家賃をして払っている金額を、
住宅ローンに変えるだけという意識があれば、
簡単にローンに切り替える勇気は湧いてきます。

20万円の給料の人ならば、
月額7万円以上の金額を払うのはつらくなってきます。
ローン以外にも電気代やガス代などもかかりますし、
いろんなモノにお金がかかるのが、生活をしていると分かってきます。
住宅ローンを組む時は、35年ローンが主流でしたが、
今は50年ローンというものも出てきています。
この方法を銀行が使っているのですから、
銀行も必死になっているというのが分かります。

ひと昔前にあった、頭金500万円が必要であったり、
固定電話は信用がある証しなどの神話が崩れてきています。
頭金なしでの買い物が主流で、
ボーナス払いもなし
、固定電話がなくても個人の携帯電話があれば問題なし、
そんな世の中になって来ています。
月の支払い額を減らすことが出来るのであれば、
50年ローンを組んで月額5万円くらいで納めておけば、
差額の2万円の半分は貯金に回すことが出来るようになります。

金利も上がるか下がるか読めないこの時代に、
ローンだけでも少ない金額で済ませておきたいですね。
毎月毎日の生活が一番大事ですので、
繰り越しするのであれば余裕をもって繰り越し返済するようにしましょう。