とはについて知っておくべき大切な事

一生のうち、そう何回も売買する事がない不動産。
その為、あまり詳しくないまま不動産売買をしてしまう人も少なくありません。
しかし、それでは、もしかしたら損をしてしまっているかも知れません。
その中でも特に注意した方が良い不動産仲介手数料です。
物件自体にかかる費用ではない為、
少しでも安くする事で、その分の費用を他に回す事も可能です。
そんな、不動産仲介手数料について・・・

・不動産仲介手数料とは?
不動産仲介手数料とは、不動産売買や賃貸の際に不動産仲介業者に対して支払うお金のことです。
実際、仲介業者を通さず個人で不動産を売買すると言う事も可能ですが、それは、とても大変です。
その為、多くの人が仲介業者に依頼し不動産の売買を行う事となり、欠かす事ができな費用の一つと言えるのです。
ただし、この不動産仲介手数料においては、あくまでも成功報酬となります。
その為、不動産の売買が成立した際のみの支払いとなります。

・不動産仲介手数料を安くする事は可能?
少しでも安く不動産の売買を行いたいと思う場合、
どうしても気になってしまうのが不動産仲介手数料です。
そんな不動産仲介手数料ですが、工夫次第で安くする事ができる事をご存知でしょうか。
例えば、不動産を購入する場合、
不動産会社が自ら所有している土地や建物を購入する事で、不動産手数料は発生しません。
また、最近では、不動産仲介手数料を無料にしている不動産業もある為、
そのような業者を利用する事で不動産仲介手数料を節約する事も可能です。
その他にも、交渉次第で安くしてもらえる場合もある為、
一度、思い切って交渉してみると言った手段もお勧めです。

・どこでも、不動産仲介手数料は同じ?
では、どこの不動産会社を利用してもこの不動産仲介手数料は同じなのかと言うと、答えは「NO」です。
不動産仲介手数料の場合、国で上限が決められているものの、
それよりも安ければいくらでも良いと言う事になっています。
その為、不動産仲介手数料を国が定める上限のMaxにしているところと
低めに設定しているところでは、費用に大きな差が生じてしまうのです。
国は、不動産の売買価格が200万円以下の場合で手数料の上限を5%と定めています。
また、200万円超 400万円以下で4%+2万円。
400万円超で3%+6万円となります。
5%、3%と聞くと大した金額ではないように思えるかも知れませんが、
不動産の場合、元の金額が多額です。
その為、たかが3%でも、驚くほどの費用になると言えるのです。
例えば、2000万円の物件を購入した場合の不動産仲介手数料は、712800円がMaxとなり、
倍の4000万円の物件の場合、1360800円となるのです。
この数字を見れば、どれだけ負担が大きいと言う事がわかるかと思います。
そして、これらはあくまでも、国が定めるMaxの金額です。
その為、少しでも低い率を定めている不動産会社を利用する事が不動産仲介手数料を安くする為に大切かと言えると思います。

・不動産仲介手数料はいつ支払うものなのか?
不動産を売却する場合は、手元に大金があるとは限りません。
また、購入する場合も住宅ローンを組んで購入する人が多く、
すぐに大金を準備する事ができると言う人は少ないかも知れません。
その為、不動産仲介手数料をいつ支払わなければいけないのか気になるところです。

一般的に契約締結時に仲介手数料50%を支払い、その後、引き渡し完了時に残りの50%を支払うことが多くなっています。
ただし、これはあくまでも一般的な話となります。
その為、不動産会社との交渉次第で全額引き渡し時とする事も可能です。
その為、契約締結時にお金を準備する事が難しい場合は、不動産会社に相談してみるといいかと思います。
また、一度契約したものの、何らかの理由で解約すると言う場合もあるかと思います。
この場合は基本的に一度契約していると言う事で、不動産仲介手数料の支払いは発生します。
ただし、ローン特約による解除すなわち、
買主が万が一、ローン審査に通らなかった場合は、
契約を白紙に戻す事ができると言う事で、不動産仲介手数料の支払いは発生しません。

・まとめ
以上が不動産仲介手数料についてとなります。
一生に一度と言っていいほどの不動産売買。
また、その金額は非常に高額です。
その為、少しでも損をしないように自分である程度、確認しておく事が大切となります。
中には、悪徳業者と呼ばれる業者が潜んでいる事も考えられます。
その場合も国が定めた数値を知っている事で騙される事を防ぐことが可能となります。
早見表なども多く掲載されている為、一度、確認してみてはいかがでしょうか。
計算方法も難しくない為、気になる場合は自分で計算してみると安心です。
その他、不動産会社が1社なのか2社なのかによっても、支払う負担が異なります。
そう言った事も踏まえ、不動産仲介手数料が気になる場合は、考慮するといいかと思います。