不動産売却時の不動産会社との契約の種類

不動産を売却する場合、
不動産会社と媒介契約(仲介契約)を結びますが、
それには3種類あります。

不動産仲介契約の専属専任媒介契約

1つは専属専任媒介契約で、
これは媒介契約を1社とだけ結ぶものです。
仲介はこの1社しかできないので、
売主が自分で買い手を見つけてくるということもできません。
すべてを1社に任せるということです。

専属専任媒介契約メリット

このメリットは、
この契約を結んだ不動産会社は自社の売却の販売促進の中で、
その物件を優先して扱ってくれる、ということがあります。

チラシなどにも優先して載せてくれますし、
不動産の購入を検討している客にも率先してこの不動産を紹介してくれることが期待されます。

専属専任媒介契約デメリット

一方でデメリットは、競争がない、ということです。

メリットで書いたことはあくまで「期待値」で、
この不動産会社は必死で売らなくても、
売れた場合には確実に収入が入りますので、
のんびりと取り組まれてしまう危険性があります。

不動産仲介契約の専任媒介契約

2つめは、専任媒介契約で、
これは複数の不動産会社と仲介契約を結ぶものです。
ただし、専属専任媒介契約と同様、
売主が自分で買い手を見つけることはできません。

専任媒介契約メリット

メリットは、なんといっても業者間の競争があるということです。
仲介契約を結ばなければ不動産会社の収入にはなりませんので、
他社よりも先になんとか契約を取ろうとするため、
各社とも売ることに必死になってくれることが期待されます。

専任媒介契約デメリット

デメリットは、あまりないのですが、
専属専任媒介契約に比べて、不
動産会社としては「苦労損」の可能性もあるので、
最初から手を抜いてしまう会社が出てくることがあり得ます。

不動産仲介契約の一般媒介契約

3つめは、一般媒介契約です。
これは複数の不動産会社と契約を結びますが、
自分でも買い手を探すことができる契約です。

一般媒介契約メリット

このメリットは今書いたように、
自分で積極的に買い手を見つけれられることですが、

一般媒介契約デメリット

デメリットとしては、不動産会社が売ることに熱心にならない危険性があるということです。

以上のメリット、デメリットを考えて、
不動産売却の時には媒介契約の形態と決めましょう。

不動産売却やマンション売却の仲介依頼契約は一般媒介と専任媒介と専属専任媒介

不動産やマンション売却を不動産会社に委託する時の有利な契約とは?
マンション売却の場合、一般的には不動産会社に委託します。
委託を受けた不動産会社が買い主を探して売却の仲介をする仕組みになっています。
この場合、仲介を依頼するための契約には
3つの方法があります。
一般媒介、専任媒介、専属専任媒介です。
それぞれに良い点があるので媒介の内容をよく知っておく必要があります。

一般媒介というのは最もよく行われる方法で、
複数の不動産会社に依頼することができます。
一般媒介のメリットは複数の不動産会社に依頼できるので、
買い主を探す時にも間口を広げることができるのです。
例えばA社とB社とC社にマンション売却を依頼したとすると、
それぞれの顧客や宣伝能力を利用することができます。
それだけ早く買い主を探すことができるわけです。

専任媒介というのは一般媒介と違って1社の不動産会社とだけ契約を結びます。
1社だけに依頼するメリットは、
業者とのやり取りが楽になる点です。
一般媒介では複数の業者とのやり取りを常にするので面倒な場合があります。
しかし専任媒介では1社だけなので、
意思の疎通がしやすく、
売却ノウハウの強い不動産会社ならスピーディーに買い主が見つかる可能性があります。
ただし専任媒介の場合は、
マンション売却に熱心で実績のある不動産会社を選ぶのが大事なポイントになります。
やる気のない不動産会社を選んでしまうと、
いつまでたっても買い主を見つけられないことになります。

専属専任媒介契約というのは売り主が直接買い主を見つけて契約ができない方法です。
どういうことかというと一般媒介と専任媒介では、
もし売り主が自分で買い主を見つけた場合、
不動産会社を通さなくても直接契約を結ぶことができるのです。
しかし専属専任媒介というのは売り主が見つけた場合でも
不動産会社を通して契約をしなければならないのです。

このように見てくると、マンション売却で有利なのは
売却実績が豊富で熱心なスタッフのいる不動産会社と専任媒介契約を結ぶことです。

ただしそのような不動産会社が見つけられない時は、
一般媒介契約にした方が無難です。