条件の悪い都内の古家売却への道のり

長い期間を掛けてようやく希望価格で売れてやっと安心!。
両親と一緒に住んている古い一戸建てを売却。
築50年経過しており
メンテナンス費用も
マンションの修繕費用の数倍もかかっています。

駅からは、決して遠い訳ではありません。

でも、年老いた両親にとって
駅やスーパーまでは長い道のりでした。

そのため思い切って住み替えを決断。
重視したのは立地でした。

駅から5分程度の距離のマンションです。

マンションであれば
年老いた両親も暮らしやすいので
地震の心配もある程度なくなります。

住み替えにあたり
必須の条件が古家の売却です。

場所は都内区部で土地は50平米ありますが
資産とは言えない古家でもあり
希望価格での売却は簡単ではないと
覚悟していました。

インターネットで検索し
不動産の仲介業者をあたってみました。

まず訪問したのは
テレビCMでも有名な財閥系の
仲介不動産会社です。

担当者を紹介してもらい
簡易査定を依頼する事から始まりました。

査定結果は後日と言う事ですが
担当者の経験から
ある程度の予想相場も教えて貰いました。

その予想売却価格は
思っていた古家売却値よりも遥かに低い価格でした。
坪当たり200万円は下らないと想定して板のですが」、
担当者からの伝えられた査定価格は
予想を大きく下回る130万円でした。

後日正式な査定結果が自宅に届き
やはり担当者の方が言っていた予想相場と
同レベルの売値でした。

確かに地域の相場は
200万円の事例もありますが
我が家の立地はマイナス査定になる
要素があり相場が下がってしまうのです。

古家は私道の奥まった立地にあり
その先の公道も極端に狭い条件なのです。

周囲も家に囲まれているため
日照条件も悪く
冬場は日が当たりません。

そのため古家の最初の売り出し価格は130万円とし
110万円あたりでの成約を視野に入れて欲しいと
言われました。

一旦その仲介会社を後にし
地元の他の不動産会社に行きました。
しかし言う事はどこも同じでした。

古家はともかくとしても
私道の奥と公道の狭さが
価格を極端に下げてしまうとのこと。

しかし売却しない選択肢はなく
最初に行った仲介不動産会社に売却依頼をしました。

瑕疵担保責任や仲介手数料などの話を詰め
専任契約を締結したのは
それから3日後の事でした。

古家の売り出し価格は坪145万円です。

130万円出は納得出来ないため
多少なりとも高く売り出しました。

6ヶ月経過しても
商談どころか内覧者が皆無でした。

仲介不動産会社からは
売却額の引き下げ提案が幾度となくありましたが
簡単には下げられません。

それから更に6ヶ月後に
土地を見たいという方が現れ
最終的に143万円で売却する事ができました。

期待していた住宅売却価格より遥かに安いとはいえ
仲介会社の提案に乗り
価格を下げなくて良かったと思っています。

ただし何時になったら売れるのか?
そんな不安を常に抱え
精神的にきつい部分もありました。

急いでいる方にはお勧め出来ませんが
資金が許せば時には
頑張って見るのも手だと思った次第です。