不動産最低で高く売るにはコチラがおすすめ!

条件の悪い都内の古家売却への道のり

長い期間を掛けてようやく希望価格で売れてやっと安心!。
両親と一緒に住んている古い一戸建てを売却。
築50年経過しており
メンテナンス費用も
マンションの修繕費用の数倍もかかっています。

駅からは、決して遠い訳ではありません。

でも、年老いた両親にとって
駅やスーパーまでは長い道のりでした。

そのため思い切って住み替えを決断。
重視したのは立地でした。

駅から5分程度の距離のマンションです。

マンションであれば
年老いた両親も暮らしやすいので
地震の心配もある程度なくなります。

住み替えにあたり
必須の条件が古家の売却です。

場所は都内区部で土地は50平米ありますが
資産とは言えない古家でもあり
希望価格での売却は簡単ではないと
覚悟していました。

インターネットで検索し
不動産の仲介業者をあたってみました。

まず訪問したのは
テレビCMでも有名な財閥系の
仲介不動産会社です。

担当者を紹介してもらい
簡易査定を依頼する事から始まりました。

査定結果は後日と言う事ですが
担当者の経験から
ある程度の予想相場も教えて貰いました。

その予想売却価格は
思っていた古家売却値よりも遥かに低い価格でした。
坪当たり200万円は下らないと想定して板のですが」、
担当者からの伝えられた査定価格は
予想を大きく下回る130万円でした。

後日正式な査定結果が自宅に届き
やはり担当者の方が言っていた予想相場と
同レベルの売値でした。

確かに地域の相場は
200万円の事例もありますが
我が家の立地はマイナス査定になる
要素があり相場が下がってしまうのです。

古家は私道の奥まった立地にあり
その先の公道も極端に狭い条件なのです。

周囲も家に囲まれているため
日照条件も悪く
冬場は日が当たりません。

そのため古家の最初の売り出し価格は130万円とし
110万円あたりでの成約を視野に入れて欲しいと
言われました。

一旦その仲介会社を後にし
地元の他の不動産会社に行きました。
しかし言う事はどこも同じでした。

古家はともかくとしても
私道の奥と公道の狭さが
価格を極端に下げてしまうとのこと。

しかし売却しない選択肢はなく
最初に行った仲介不動産会社に売却依頼をしました。

瑕疵担保責任や仲介手数料などの話を詰め
専任契約を締結したのは
それから3日後の事でした。

古家の売り出し価格は坪145万円です。

130万円出は納得出来ないため
多少なりとも高く売り出しました。

6ヶ月経過しても
商談どころか内覧者が皆無でした。

仲介不動産会社からは
売却額の引き下げ提案が幾度となくありましたが
簡単には下げられません。

それから更に6ヶ月後に
土地を見たいという方が現れ
最終的に143万円で売却する事ができました。

期待していた住宅売却価格より遥かに安いとはいえ
仲介会社の提案に乗り
価格を下げなくて良かったと思っています。

ただし何時になったら売れるのか?
そんな不安を常に抱え
精神的にきつい部分もありました。

急いでいる方にはお勧め出来ませんが
資金が許せば時には
頑張って見るのも手だと思った次第です。

 

スポンサードリンク
記事内広告アド

不動産会社

 

 

不動産会社の決定が順調に進めば、不動産売買は大方成功だと断言できるので、どうしてもあまたある不動産会社の中より、信用のある会社を選ぶ必要があります。
不動産査定と言われているのは、住宅や土地などの不動産を売りたい時に、どれくらいで売却することが可能なのかを割り出すことですが、査定した不動産屋がストレートに買い取りを行なうわけではないのです。

不動産売買においては、場合によりましては仲介手数料が要求されないことがあるわけです。実際的に支払うことが求められることになるかどうかは、物件の「取引様態」で決められているのです。
マンション無料査定に関しては、ホントに信用に値するのでしょうか?なぜならば、不動産会社は何があったとしても仲介を行なうだけであり、金を出すなんてことはしないからです。
不動産査定と呼ばれているのは、実質的には「情報収集のやり方の1つだ」ということを忘れないでください。家族で一緒に過ごしたマイハウスを手放そうとしているのですから、できる限り情報収集することが必要でしょう。

スポンサードリンク
記事内広告アド

査定価格が高い

同一マンションに暮らしている人が、「今暮らしているマンションは、想像以上に査定価格が高いみたい!」と話してくれたので、興味があったので、マンション査定をやってもらったところ、実際に高い査定額が出ました。
「不動産業者の規模が大か小か」であるとか、「名前は浸透しているのかいないのか」ということより、むしろ不動産売買を進展していく中でなくてはならない、調査力や販売力念入りに調べた上で、業者を選択することが求められます。

住宅ローンの月毎の支払いに苦慮するようになると、を買い取ってもらおうか?」というふうに考えてしまいますよね。そんな状況の時に有用なのが「不動産一括査定サイト」だと断言します。
家を売りたいと希望する時、真っ先にご自分の家・土地の査定額が幾ら位になるものなのかを知ることが重要だと断言します。1つの専門業者だけに限らず、絶対に5社前後の業者に査定をやってもらうことが一番肝心です。
不動産の世界には、繁忙期と閑散期が存在しています。賃貸物件と対比しますと、そこまでの変動は見られないですが、マンション売却敢行の時点での相場には、当然ながら影響を及ぼすことになります。
マンション一括査定サイトだと、調べたい物件詳細を、ページの入力フォームに書き込むのみで、3~6社をターゲットにしたマンション査定依頼が済んだことになってしまうので、とっても有益ではないかと考えます。
土地無料査定後に出された土地査定金額については、どちらにしたってマーケットの相場から算出された査定金額であり、現実的な契約段階では、それより安い価格で決まることは稀ではないと聞いています。

 

スポンサードリンク
記事内広告アド

不動産買取

 

 

「不動産買取」と呼ばれるのは、購入意思のある方を見つけ出すまで待ち続けるというものとは違って、不動産関連会社がダイレクトに、買ってほしい人から購入するというやり方ですので、売却成立までがかなり早いのです。
リアルで土地の値段は、売り手と買い手の商談で決定されるものですが、先だって土地無料査定を利用することで、概算的な金額をつかんでおくことは必要だと思います。

 

家を売却

家を売却するなら、不動産業者にその家の査定の申し込みをするべきですが、なるだけ高値をつけてほしいと望んでいるなら、5社前後の不動産業者に査定を行なってもらうことが重要となります。
今では、マンション無料査定サイトも珍しくなくなりましたが、大概が個人情報を記載するタイプです。可能なら、個人情報を登録しない方が安心です。
「昔からある業者だから」とか、「担当者が親切丁寧だったから」というようなことで、マンション買取業者を決めるべきではありません。業者選択をミスすると、買取金額が低くなってしまうことに繋がってしまいます。

売ることにすると判断したのなら、すぐさま動きを始めて、気にかかる問題を解決することが必要でしょう。それがあるので、頼りがいのある不動産業者を探し出すことが、土地を売却する際には大事だと考えます。
売却査定を行なってもらう不動産屋を指定する場合は、入念に吟味してください。単純に不動産売却と言ったところで、不動作屋さん毎に、査定内容に違いが出るからです。
使用目的のない資産価値のある土地を買い取ってもらって現金にして、その他の運用をやってみるのは、資産活用の策としては実用的であり、資産を凍結させるより断然良いと断言できます。
積極的に不動産専門業者に家の査定を行なってもらうにしても、概算的な相場を熟知している状態で査定を開始してもらう方が、不安がないと考えられます。
どんなに希望通りの価格で不動産売却をお願いしたいと考えたところで、不動産自体に価値が無かったら、売りたい金額で売買契約することはできないというしかありません。

なにしろ、不動産売買はかなり大きな価格での取引になるはずですから、しっかりと注意点を踏まえながら、無駄のない合点のいく売買を実現してもらいたいと思います。

★記事下記事を読めるようにして置く